特別養護老人ホーム 緑風園
■掲示板過去ログ HOME / BBS

施設入所者の定期健康診断について

投稿者ごまめ 投稿日2005/04/12(Tue) 18:48

介護老人福祉施設入所者の定期的な健康診断は義務付けられているのでしょうか?
また、施設入所者でも住民検診は受けることができるのでしょうか?
住民健診が可能であれば利用者負担は求めることなく(もしくは低額で)定期的な健康診断を受ける事が出来ますよね。

Re: 施設入所者の定期健康診断について

MGF - 2005/04/13(Wed) 09:01

併設の特養相談員に確認したところ、当県では年に2
回の健康診断(胸写含む)を求められているようです。結核予防法の関係もあるのではないかといっていました。
費用については、全額施設負担です。小額でも利用者に負担していただくことは不可だと思います。最寄の開業医さんに協力していただき、ほとんど必要経費くらいの値段でお願いしております。すいている時間帯に医院から電話を頂き、施設職員の送迎・付き添いで対応する感じです。
開設当初の頃は、立位が取れない人が数人であったため、介添えを施設職員が行い、職員が受ける健康診断と同時に行っていたようですが、不必要な被爆の問題や平均要介護度の上昇により立位が取れない方が増えたため、現在のように医院にて受診となったようです。
ちなみに私の勤める老健でも、特に県からの指導はありませんが、長期入所(具体的には1年以上)になっていらっしゃる方については年2回の健康診断を受けていただくよう計画しております。〔県担当者に問い合わせたときには、老健は管理者として医師がいるので健康診断は必要時でかまわないとの返答でした。当県では老健の管理者は医師以外許可されていないそうです〕

Re: 施設入所者の定期健康診断について

masa - 2005/04/13(Wed) 09:43

ごまめさんは何か大きな勘違いをしているようです。

>住民健診が可能であれば利用者負担は求めることなく

そもそも入所者の健診は老人福祉法の規定であったと思いますが、定期的に行わなければならないもので、いかなる場合でも利用者負担をさせてはならないものです。このことは介護保険制度に移行しても変化なくQ&Aでも

Q.
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)においては、これまで、施設が実施する入所者への健康診断に係る費用については、実費を徴収できなかったが、介護保険法施行後は、基準省令第9条第3項第4号の規定により実費を徴収することが可能か。

A.できません。

とされています。

また住民健診は市町村によって違いがあるかもしれませんが普通は施設入所者は対象外でしょう。施設が協力医療機関等において行うべきものだと思います。

Re: 施設入所者の定期健康診断について

ごまめ - 2005/04/13(Wed) 13:44

定期健診は施設の負担で行う事が義務付けられているとは認識していませんでした。
自分の体を守るため、予防の観点からも健診は自らの責任で行うもので施設としては物理的な支援を行うものと認識していました。
施設のDrが定期的な診察を行っており必要な場合は検査を行っています。しかし元気で明らかな所見もない利用者の方はなかなか胸部写真を撮ったり血液検査をすることもありません。予防的見地からは年に1回程度は検査が必要と思いますが...

定期健診を年に何回行うとかどの検査を行うとか そういった約束事はあるのでしょうか?

Re: 施設入所者の定期健康診断について

masa - 2005/04/13(Wed) 15:48

現在の特養は介護保険制度の規定を受けるものと、老人福祉法の規定を受けるものという両面があります。

老人福祉法の「養護老人ホーム及び特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」において

養護は健康管理について「利用者はその入所時及び毎年定期に2回以上健康診断を行わなければならない」とされていますが

特養については「常に利用者の健康の状況に注意して必要に応じて健康保持の適切な処置をとる」と定められており健診の回数などは明示されていませんでした。

しかしこれは、特養入所者の状態像が健診通院が困難で回数を定めてしまうと実情に合わないことを考慮したもので、「常に健康の状態に注意し疾病の早期発見、予防などの適切な措置をとることに努めるよう定めたもの」であって、通常年1回以上の定期健診が必要であると解釈通知が出され、措置費時代からそのように指導を受けております。

介護保険になっても基本的にこの考えに変りはなく、実地指導でも定期健診の実施の有無を確認されますし、その際の費用は上記Q&Aの通り施設負担が原則です。

今まで個人負担させていたということになると、これは返還対象かと思えます。

なお検査項目の内容は定められていませんが、この規定の大本には結核予防法があると思え、そこでは[施設長が行う定期健康診断]集団感染防止の観点から、

対象:次に掲げる施設の入所者
救護施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、身体障害者療護施設、身体障害者福祉ホーム、身体障害者授産施設、知的障害者更生施設、知的障害者授産施設、知的障害者福祉ホーム、知的障害者更生施設、知的障害者通勤寮、婦人保護施設

・時期:65歳に達する日の属する年度以降毎年

とされていますので胸部レントゲンは必要であると思います。

Re: 施設入所者の定期健康診断について

ごまめ - 2005/04/13(Wed) 17:59

私は老健の相談員で、昨年新しく関連法人が特養を建設しました。老人福祉法の特養の運営基準については明るくありませんの質問させてもらいました。
新設法人なので今年度初めての健診を行う予定で今まで個人負担させていた事はありません。

Re: 施設入所者の定期健康診断について

ごぼてん - 2005/04/13(Wed) 18:11

レントゲン撮影費用ですが、以下ワムネットQAより

表題 結核等の予防のためのレントゲン撮影について
質問 老企第54号「通所介護等における日常生活に要する費用の取扱いについて」によれば健康管理費(インフルエンザ予防接種に係る費用等)の記載がありますが利用者の健康管理のために実施される胸部レントゲン撮影の費用についても、健康管理費として実費徴収可能と解してよろしいか。


回答 貴見のとおり。

となっています。


現在、うちの施設(特養)でも健診にかかる費用は施設持ちで行っておりますが、これを読んで「利用者の同意があれば利用者負担でも構わないのかな」と思ってましたが、違うのでしょうか?

Re: 施設入所者の定期健康診断について

masa - 2005/04/13(Wed) 18:47

特養の健診は自己負担不可です。定期に実施される健診以外の胸部レントゲン撮影については費用負担していただいてかまいません。
しかし健診は年1回以上施設で行うことが指導されていますので、それを行わず上記の撮影をそれに代え自己負担を求めておれば不適切と指導されると思います。

老企54号はその健診を示したものと思われません。13690で示しているワムネットのQ&Aとあわせてお考え下さい。
(なお健診の必要性、自己負担不可については1昨年の実地指導で道に確認済みです)

施設入所者の健康診断について

投稿者ライス 投稿日2005/06/22(Wed) 21:22

今朝、少し施設における定期的な健康診断について、話がでたので、過去ログを見せて頂いたのですが、詳しい根拠(老人福祉法を見ましたが、見落としたのか、明確に記載されていませんでした)を教えて欲しいのですが。

Re: 施設入所者の健康診断について

masa - 2005/06/23(Thu) 09:21

老人福祉法の「養護老人ホーム及び特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」において定められています。

養護は健康管理について「利用者はその入所時及び毎年定期に2回以上健康診断を行わなければならない」とされていますが

特養については「常に利用者の健康の状況に注意して必要に応じて健康保持の適切な処置をとる」と定められており健診の回数などは明示されていません。

しかしこれは、特養入所者の状態像が健診通院が困難で回数を定めてしまうと実情に合わないことを考慮したもので、「常に健康の状態に注意し疾病の早期発見、予防などの適切な措置をとることに努めるよう定めたもの」であって、通常年1回以上の定期健診が必要であると解釈通知が出され、措置費時代からそのように指導を受けております。

介護保険になっても基本的にこの考えに変りはなく、実地指導でも定期健診の実施の有無を確認されます。

Q.
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)においては、これまで、施設が実施する入所者への健康診断に係る費用については、実費を徴収できなかったが、介護保険法施行後は、基準省令第9条第3項第4号の規定により実費を徴収することが可能か。

A.
できません。

このようなQ&Aも介護保険施行以後に出されています。

Re: 施設入所者の健康診断について

BOB - 2005/06/23(Thu) 23:31

masaさんがおっしゃる様に、この件については施設が実施し利用者に費用請求はできないはずです。
「措置」の頃の制度が介護保険制度に代わっても、内容については代わらないものが幾つもありますので都道府県に確認してから納得いかないものについてはここに問い合わせをしてみるといいでしょう。
特に、ローカルルールと言われるものについてはなかなか正確な答えが出にくいのですが私も含めて皆さんが都道府県に確認をしてみたり老健局に聴いてみたりしてお答えをしているはずです。

インフルエンザ予防接種

投稿者uirou  投稿日2005/09/16(Fri) 18:51

介護老人福祉施設の入所者についての健康診断料について、
過去の掲示板ログから読ませていただいて施設が健康診断料を負担するということでしたが、インフルエンザの予防接種料についても市町村に請求するこたはやはり不可なのでしょうか。。
もしも、仮にに請求が可能だとすれば嘱託医が施設とは他府県の医療機関に所属する場合 医療機関から施設がある県内の市町村への請求がか可能なものかどうかも教えていただきたいのですが 宜しくお願いいたします。

Re: インフルエンザ予防接種

masa - 2005/09/21(Wed) 18:36

WAM-NET Q&A

Q.
入所者のインフルエンザの予防接種については、(介護報酬の収入の中から)施設が費用負担をして、予防接種を行うという理解でよいでしょうか。

A.
インフルエンザ等の予防接種に係る費用については、「その他の日常生活費」として実費相当分を徴収することができるものと考える。 

またこの際の自己負担文については各加入保険に応じた公費補助が適用されます。
基本的に65歳以上の方で国民健康保険加入者は無料になります。

ただしこの補助は医師会の所在地毎の医療機関で接種する必要があるため、例えば国保住所地特例で入所されている場合、施設の所在地の医療機関では公費助成が適用されず、元の住所地の医療機関において接種しないと無料にならないケースがあります。

過去ログ検索画面に戻る
Copyright(C)2004 緑風園 All right reserved.